不動産担保ローンを組んだ時の抵当権とは

不動産担保ローン大紹介

不動産担保ローンを組む場合、抵当権が発生してついてきます。何度も組む場合は、根抵当権となります。

不動産担保ローンを組んだ時の抵当権とは

不動産担保ローンを組む場合、必ず抵当権というものがついてきます。

そもそも抵当権とは何かというと、融資を受けたい方が担保として差し出したものに対して、使用による収益などは融資を受けたい方にゆだねるものの、債務が返済されない場合には、債権者がその債務分を担保から優先的に受け取っていくことができる権利です。

つまり、不動産担保ローンを組む場合を考えれば、不動産自体は融資を受けたい方が使用しても構わないが、もし返済が滞った場合には、担保としてある不動産を売却するなどして債務の返済に充てる権利を、融資した側が持っているということを意味しています。

抵当権というと難しい感じがしますが、要するに、返さなければ不動産が取り上げられるということです。

また、不動産を担保に何度もお金を借りる場合、抵当権が何回も発生するため、「根抵当権」として、一定の金額内なら抵当権は変更しないということもあります。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN

Copyright 不動産担保ローン大紹介 - icantimmormon.com. All Rights Reserved.