キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 国民政策金融公庫における不動産担保とは : 不動産担保ローン大紹介

国民政策金融公庫における不動産担保とは

不動産担保ローン大紹介

国民政策金融公庫で不動産担保をもとに融資を受ける場合には、不動産価値は時価の7掛けで計算されていました。

国民政策金融公庫における不動産担保とは

国民政策金融公庫は、2008年10月1日まであったもので、「国金」と呼ばれていました。

国民生活金融公庫法に基づいている、政府の金融機関で、独立して継続が可能な事業資金のうち、一般の金融機関から融資を得ることが困難な場合に、融資を行っている機関でした。

現在は、株式会社日本政策金融公庫となっています。

この国民政策金融公庫で多額の資金を借りる際には、やはり担保が必要とされました。

そして担保として最も多かったのが、不動産です。

国民政策金融公庫で不動産担保をもとにお金を借りる場合、不動産は時価の7掛けで計算されていました。

これは、一般的な金融機関の不動産担保と比較してみると、かなり厳しい目で審査していたということになります。

もちろん、国民政策金融公庫が融資するほどですから、回収も厳しいと判断される傾向にある企業なので、どうしてもそれくらいつらい査定になってしまっていたのでしょう。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN

Copyright 不動産担保ローン大紹介 - icantimmormon.com. All Rights Reserved.